一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2014.09.08 Monday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク



2013年も終わりが近づき、映画好き恒例のイベントに参加しようと思います。今年はTwitterでたくさんの映画好きさんとお話する機会があったということもあり、以前よりかなり色々な映画を観るようになりました。実生活でも友人付き合いに支障が出るほど、映画ばかり観てましたね。もちろん後悔はないです。

ベストを決めるにあたり、かなり悩んだのですが"個人的な思い入れ度"というなんとも曖昧なものを基準に順位をつけました。パッと見、異端的なランキングになっておりますが、お付き合いくださいませ。ところで、私はいつから"無難さ"を忘れたのでしょうか…。

ではでは前置きはこのぐらいにして、テンション上げていきましょー!!

年間新作鑑賞数:80本(DVD鑑賞、劇場未公開作を含む)

1.エリジウム
2.セレステ∞ジェシー
3.スター・トレック イントゥ・ダークネス
4.イノセント・ガーデン
5.ビザンチウム
6.ジンジャーの朝 さよならわたしが愛した世界
7.トゥ・ザ・ワンダー
8.オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ
9.コズモポリス
10.マジック・マイク


次点:ウォールフラワー、アンチヴァイラル、タイピスト!、ローマでアモーレ、ブリングリング、スプリング・ブレイカーズ、デタッチメント 優しい無関心 など

以下簡単にコメントどうぞ。
1位 エリジウム


ディストピア映画が大好きなんです。ニール・ブロムカンプにはこれからもこんなSF映画を撮り続けて欲しいですね。あの埃っぽさ、マット・デイモンのいかにも怪しげなロボットスーツ、いつも通りイカれたシャールト・コプリー、ディエゴ・ルナの可愛すぎる三つ編み。穴だらけの脚本だからこそあのシンプルな設定が深く心に残って、一見安っぽいラストも大好きなんですよ。カバみたいになりたいもんだねえ。これからもこんなディストピア映画をみれますように。左、とか言わないでね



2位 セレステ∞ジェシー


えーっとですね、これは他のノミネート作とは違う思いがあるんです。セレステとジェシーの関係はまったくもって理解できないんですけど、セレステの性格が私とそっくりなんですよ。大体映画の主人公なんて誰でも共感できるように作られているんでしょうけどそれ以上に他人事じゃないような気がしてしまって。具体的には、大事に思う人にほど優位に立とうとするところとか、周りには人が沢山いるのに問題を自ら1人で解決しようとして、孤独に見えているけれど、本当は大勢に支えられていて、自分はそれに気づいてないところとか。痛すぎるんですけど、まさに私です。リゼットでどんなやつ?と聞かれたらセレステとお答えください。



3位 スター・トレック イントゥ・ダークネス


キャラクターみんな大好き。それだけです。今年一番興奮した映画ですね。未だに思い出しただけでおかしなテンションになります。→この記事参照



4位 イノセント・ガーデン
ミアちゃんの皺と立ち振る舞いが全てです。不可解なストーリーにも関わらず美しい映像と役者陣の演技、そして凝った演出によって、全く不快にはならず、とちらかというと観ていて心地良くなるような作りはさすがとしか言い様がありません。ラストのミステリアス感も好きです。


5位 ビザンチウム
ケ イレブくん。ケイレブくんの映画は「アンチヴァイラル」とどちらを入れるかかなり迷ったのですが、苦手意識のあったヴァンパイアものを克服させてくれた映画との感謝を込めてランクイン。あの血生臭さとおしゃれな中世の雰囲気をミックスさせた雰囲気はたまらない。ただ、シアーシャ・ローナンはまだ克服できてな いです。


6位 ジンジャーの朝 さよならわたしが愛した世界
これも「セレステ∞ジェシー」と近い意味でのランクインです。現在私のプライベートでの人間関係がジンジャーとローザのように難局しているので、ジンジャーのように最後には寛大な心で「許すよ」と言えるまで観続けたいと思います。


7位 トゥ・ザ・ワンダー
確認しておくと、私はテレンス・マリック信者ではありません。ちょうど「パシフィックリム」と同時期に公開でみなさんがパシリム祭り状態の中、私だけこの映画で盛り上がってかなり浮いていたので、責任を取ってベストに選んだ次第であります。その節は申し訳ありませんでした!映画自体はノーコメントでお願いします!これからは子守唄代わりにでも観ようと思います!


8位 オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ
アダムとイヴの気だるさに何回でものまれたい。観ているときは正直長いなあ、疲れたなあ、と思っていたのですが、観終わったとたんもう一度観たくなりました。ある意味魔法みたいな映画。ヤスミンとアダムのコラボ楽曲を聴いてみたい。


9位 コズモポリス
セリフやそのまま映し出される映像、間など、全体的に気持ち悪い演出ばかりだけど何故か好き。ロバート・パティンソンが案外どんな役でも出来ると知った一本でもありました。


10位 マジック・マイク
何回も観たいでしょ!魅せて欲しいでしょ!そしてアダムとマイクのその後を描く形でもう一本お願いします!ソダーバーグさんよお…。ソダーバーグ作品は「サイド・エフェクト」もなかなか興味深いミステリーで面白かったです。



こんな感じですね。観終わった瞬間は「いい映画だなあ」と思ってもしばらく経つと何の思い入れもないせいか忘れてしまって覚えていない映画が多くて驚きました。もちろん、その逆もあったり。今回のランキングは先述の通り、おもしろさよりも"個人的な思い入れ度"を重視したランキングにしたのでこうなっちゃいました。どうしても下半期に観たものが多くなっちゃうのは仕方ないです。

来年は劇場で観た映画ぐらいは感想ここに書き溜めて行こうと思いますー。(と言った傍からハンガー・ゲーム2の感想書いていませんが) ブログに感想書くのって楽しいね!来年もよろしくお願いします_(:3」∠)_
 

  • 2014.09.08 Monday
  • -
  • 00:55
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment





   

PR

Calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM